パーキンソン病の治療・改善ガイド

パーキンソン病と上手く付き合うために知っておきたい治療法・改善法のこと

研究が続くパーキンソン病の治療方法

パーキンソン病の主な治療法には、薬剤療法・遺伝子療法・手術療法があります。しかし、パーキンソン病を根本的に治す治療法は確立されていないのが現状。各方法を組み合わせることで症状を改善したり、進行を遅らせるのが基本となります。

パーキンソン病の主な治療法

  • 薬物療法
    パーキンソン病における治療の中心。減少しているドパミン量を補ったり、ドパミンの代わりとして作用する薬剤を服用します。
  • 遺伝子療法
    薬剤療法の効果が現れにくくなってきた患者に有効。体内でドパミンを生成するのに必要な酵素(AADC)の遺伝子を細胞に組み込み、脳に注入します。
  • 手術療法
    運動に携わる脳の神経細胞を一部破壊したり、電極を埋め込んで刺激し、運動障害などを改善します。完治させるものではなく、薬剤療法との併用が一般的。

パーキンソン病の原因と治療法の研究は世界中で進められ、日々進化しています。適切な治療を受け、前向きに生活することが大切です。

症状の緩和には日常生活の心がけが大事!

パーキンソン病だからと、普段の生活を変える必要はありません。ただ、病気の進行によって振戦(ふるえ)・筋固縮(こわばり)・不随意運動・姿勢障害などの症状が現れるため、それに合わせて日常生活に少しずつ工夫をしていくことが大切です。

  • 食事の注意点
    筋肉のこわばりなどの症状が出てくると、食事を飲み込むのが困難になります。1度の食事量が少ない場合は回数を増やす、喉に詰まらせないよう姿勢に注意する、などの工夫が必要です。
  • 運動の注意点
    パーキンソン病のリハビリ運動は自宅でできるものが多いので、こまめに身体を動かすようにします。リハビリの時間は1日平均20~30分、週に2~3回が適当。室内の温度や環境を整え、こまめに水分補給をしながら行います。

その他にも、日常生活内で気をつけたいこと・工夫したいことをまとめていますので、目を通しておいてくださいね。

パーキンソン病の治療をはじめる前に

注目される「通常治療+民間療法」

通常医療とは、病院などで受ける西洋医療のこと。民間療法とは古くからの知識に基づいて行う治療法のことで、代替医療とも呼ばれます。パーキンソン病の場合、通常医療でも明確な治療法が確立されていない分、他の病と比べても、民間療法を取り入れる考えは一般的だといえます。

民間療法には実にさまざまな種類がありますが、なかでもパーキンソン病の改善・予防に期待が持たれているのはコチラ。

  • 水素水
  • サプリメント
  • 漢方
  • マッサージ・カイロ

以上の民間療法については、当サイトでも詳しく情報を集めてご紹介しています。

なかには医学的な臨床実験の結果が公表されているものもありますので、知識の1つとして押さえておくと良いでしょう。

注目されるパーキンソン病の民間療法

特集:パーキンソン病への研究が続けられる「水素水」

多様な民間治療の中でも、今回特に注目したのが水素水です。

九州大学大学院薬学研究院とパナソニック電工の研究グループにより、水素水がパーキンソン病の予防・改善に有用であるという研究結果が発表がされました。

検証は、あらかじめ1週間ほど水素水を飲ませたマウスに神経細胞を脱落させる薬を投与し、その後も水素水の投与を続けるというもの。この結果、水素濃度0.08ppm以上の水を飲んだマウスの神経細胞は、減少が抑えられていたことが確認されました。これらの研究はアメリカの科学誌プロスワンに掲載され、世界中から注目されています。

また臨床では、順天堂大学がパーキンソン病患者に毎日1リットルの水素水を1年間飲用してもらう試験を実施。普通の水を飲んだ人に比べると、症状の進行において統計学上有意と言える結果が出たとのことです。

水素水は数多く販売されていますが、製品によってかなり品質に差があることも分かっています。そんな水素水が現在おかれている状況や、効果の期待できる水素水の選び方など、詳しく解説をしています。ぜひ参考にしてみてください。

水素水を効果的に取り入れるための知識

 
パーキンソン病の治療・改善ガイド