パーキンソン病と上手く付き合うために知っておきたい治療法・改善法のこと

マッサージ・カイロ

マッサージやカイロプラクティックが、パーキンソン病の改善に良いとされる理由をまとめました。それぞれの効果や特徴、上手に利用するための心構えも必見です。

パーキンソン病の諸症状を改善するマッサージ療法

マッサージとパーキンソン病パーキンソン病の症状緩和には、こまめな関節の運動・ストレッチなどのリハビリが必須。日常生活を安定させるためにも持続して行うことが重要ですが、身体のコントロールが難しい場合もあるかと思います。

そんな時に利用したいのが、専門家によるマッサージ治療。プロの施術では、硬くなっている筋肉をほぐしたり、関節の動きを滑らかにするなどの効果が期待できます。

ちなみに、パーキンソン病の治療を目的としたマッサージ治療は保険適用。医師の同意書は必要ですが、経済的負担が軽くなるのはメリットです。

また、治療を受ける際は、パーキンソン病患者のマッサージ経験が豊富な医院を選ぶことが大事。訪問マッサージにも対応していると、より安心です。

心身のバランスを整えるカイロプラクティック

カイロプラクティックとは、脊椎と背骨の歪みを矯正することにより病状の改善を促すのが目的。腰痛から神経疾患まで幅広い効果が期待できる、アメリカ生まれの治療法です。

脊椎神経の異常はさまざまな病気の原因と大きな関わりがあるとされており、パーキンソン病もその1つ。アメリカ・コロラド州の上部頚椎専門カイロプラクターが上部頚椎の歪みを矯正したところ、パーキンソン病の症状が軽減されたとの報告があります。その改善率は92%と非常に高め。このことからも、カイロプラクティックの有用性が認められます。

効果の出方は人それぞれですが、副作用や悪化するケースはないとのこと。即効性はないのである程度施術を受け続ける必要はありますが、リスクは少ないので試してみる価値はあるでしょう。

ただし、気をつけたいのは施術を受ける場所。日本では、カイロプラクティックを行うのに資格や法律上の制限はないからです。技術や知識が未熟な施術者もいるようなので、しっかりと情報を集めるようにしましょう。また、担当医への相談も忘れずにしておきたいところです。

 
パーキンソン病の治療・改善ガイド