パーキンソン病と上手く付き合うために知っておきたい治療法・改善法のこと

パーキンソン病の治療をはじめる前に

パーキンソン病の治療を始める際に知っておきたい基礎知識について解説しています。

パーキンソン病は、発症してからの進行がとても緩やかな疾患。個人差はありますが、15年ほどかけて徐々に症状が進んでいきます。ただし、適切な治療と日常生活での注意点・心がけを守ることにより、進行を遅らせることが可能となっています。

パーキンソン病とは何かを知る

■パーキンソン病の原因と診断基準≫≫
活性酸素や遺伝など、パーキンソン病の原因と考えられている因子を紹介。また、医療現場で用いられている診断基準もまとめました。診断基準は自己判断の目安にもなるので、ぜひチェックしておいてください。

■主な症状≫≫
パーキンソン病に見られる諸症状を、初期・中期・末期に分けて解説。それぞれの段階で起こり得る症状を知り、正しい治療・リハビリで進行を食い止めることが大切です。

■必要とされる運動・リハビリテーション≫≫
症状の進行を改善・遅らせるには、こまめな運動とリハビリテーションが欠かせません。このページでは、運動の重要性と注意点、日常的にできるリハビリ法について具体的にご紹介しています。

■日常生活での注意点≫≫
徐々に身体が動きにくくなるパーキンソン病は、進行に合わせて生活に工夫を加えていくことが大切です。食事・入浴・外出など、シーンに合わせた工夫や注意点についてまとめています。

■パーキンソン病と上手く付き合うために≫≫
パーキンソン病は患者だけでなく、介護する家族にも心構えが必要です。病気に負けず、前向きに生活するためのポイントを解説していますので、ぜひ目を通しておいてくださいね。

 
パーキンソン病の治療・改善ガイド