パーキンソン病と上手く付き合うために知っておきたい治療法・改善法のこと

正しい選び方を知る

品質の高いおすすめ水素水の選び方を、4つのポイントに絞って分かりやすく解説。水素濃度や美味しさ、容器の形態やコストにも気を配って選ぶことが大切であることをまとめています。

ここに注目!おすすめ水素水の選び方

水素水を選ぶ際に押さえておきたいポイントを、4つに絞ってご紹介しています。水素水の効果を得るためには、毎日続けることが何よりも大切。しっかりチェックして、品質の高い製品を見極める目を持ちましょう!

1.水素溶存濃度

水素水選びで最も重要なのが、水素溶存濃度。水の中に溶け込んでいる水素濃度を表し、一般的な単位はppm。水素の飽和濃度は1.6ppmなので、この数値に近いほど濃度は高いと言えます。

水素分子研究を行う日本医科大・太田教授によると、1ppm前後の水素水であれば効果は十分に期待できるとのことです。

水素溶存濃度は製造日が新しいほど高くなるため、なるべく作りたての製品を選ぶと良いでしょう。

2.美味しさ

水素水は無味・無臭のため、通常の水と味は変わりません。しかし、なかにはアルカリ性に傾いているものもあり、飲みにくさを感じる場合も。水素水は長く続けることが大切ですから、飲みやすく味も美味しいと感じるものを選びたいものです。

飲みやすさと味にこだわるなら、加圧式水素溶存法を採用している製品を選ぶと◎。この方法は水に直接水素を含有させることができるため、水本来の味が変わりません。

3.容器の形態

水素水の形態には、アルミパウチ・アルミボトル缶・ペットボトル・スティック・サーバーなどがあります。水素が最も抜けにくく、保存もしやすいのはアルミパウチ。一度開封しても中の空気を抜くことで、水素の揮発を防ぐことが可能です。

ペットボトルは水素を透過しやすいため、保存は困難。水素スティックは家庭で手軽に水素水を作れますが、濃度が変化しやすく長期間の保存には向かないようです。サーバーは高濃度の水素水を生成できるのが魅力。

ただし、価格が高く、定期メンテナンスや置き場所が必要になるのがデメリットです。

4.価格

水素水は長く飲み続けることで効果を実感できる製品。ムリをせずに続けるためには、コストのチェックも重要です。飲みきりタイプの水素水であれば、定期購入などの割引を利用すると◎。通常よりも安く購入できることが多く、定期的に配達されてくるので確実に続けて行くことが可能です。

もちろん、安い方がお財布には優しいですが、効果がなくては意味がありません。価格と効果のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

■これら4つの視点から選んだ水素水5選≫≫

 
パーキンソン病の治療・改善ガイド