パーキンソン病と上手く付き合うために知っておきたい治療法・改善法のこと

水素水を取り巻く環境

週刊文春の調査結果をもとに、品質の高い水素水の選び方をご紹介しています。アルミパウチ・ボトル缶・ペットボトルなど、健康のためにはどのタイプの水素水を選ぶべきかも解説していますので、ぜひチェックしてください。

週刊文春が徹底検証!健康効果が期待できる水素水とは

水素水の選び方数々の研究により、パーキンソン病などのの改善効果が期待されている水素水。現在、数多くの水素水が販売されていますが、選び方には注意が必要です。

なぜなら、水素水と銘打っておきながら、ほとんど水素が含まれていない製品も多く出回っているから。水素は無味・無臭・無色であるため、本物と偽物の区別が非常に難しいものなのです。

水素水に関して、週刊文春が行った興味深い調査があります。水素水製品14種類(水素水9製品・サプリメント5製品)の水素濃度を、専用の試薬で測定したというもの。その結果、なかにはまったく水素が検出されなかった製品もあったのです。

「水素水」と書いてあるから安心ではなく、正しい知識と情報を持って水素水を選ぶことが重要であることを報じました。

水素水の高い抗酸化作用は、パーキンソン病の改善にも効果があることが分かっています。その効果を期待するためにも、正しい知識を持って水素水を選ぶようにしたいものです。

一番水素が抜けにくいのは「アルミパウチ」

一般的に販売されている水素水の容器には、アルミパウチ・アルミボトル缶・ペットボトルがありますが、最も水素が抜けにくいのはアルミパウチ。週刊文春の調査で水素濃度が1ppm前後まで測定できたのは、どれもアルミパウチ製品となっています。容器ごとの特徴は以下の通りです。

■アルミパウチ
最も水素が抜けにくい容器。検証したどの製品も、1ppm前後の水素濃度を検出しています。アルミパウチは高濃度の水素を含有させることができ、保存期間も6ヵ月前後と長め。一度封を切っても、空気を抜くことで水素の揮発を防ぐことが可能です。一度に多くの水を飲みきれない人、外出先に持参したい人にもおすすめのタイプです。

■アルミボトル
アルミパウチよりも水素を透過しないと言われていますが、残存水素濃度は製品によってまちまち。なかには、ほとんど水素が検出されないものもあるようです。アルミ缶は一度開けると空気が入ってしまうため、すぐに飲みきる必要アリ。保存や持ち運びには不向きかもしれません。

■ペットボトル
どの製品もまったく水素を検出できなかったペットボトルタイプ。ペットボトル素材よりも水素分子の方が小さいため、時間経過と共に容器を透過してしまうのが原因のようです。

この他にも、水素スティックや水素サプリメントなどを利用する方法もあります。水素スティックは自宅で手軽に水素水を作れますが、水素が抜け出てしまう前に飲みきらなくてはいけないのがデメリット。水素サプリは水素水に比べ、摂取できる水素量が非常に少ないという検証結果が出ています。

現在のところ、もっとも効率よく水素を摂取できるのはアルミパウチの水素水。長く続けるためにも、品質とコストのバランスの取れた製品を選ぶようにすると良いでしょう。

■本当におすすめしたい水素水5選≫≫

 
パーキンソン病の治療・改善ガイド